建築の専門学校で匠の技術を学ぼう|手に職を得る

レディー

グラフィックの知識を探求

PCを操作する人

高度な取り組み

時代のニーズに合わせて専門的な職が注目を集めていますが、ウェブサイトなどを通して情報や考えを伝えるグラフィックデザインを専門学校で学ぶ学生は急増しています。基礎からグラフィックデザインを学び、形や色や文字などの視覚言語の扱い方、さらにこうした言語を融合させた表現のスキルまでも学習することができる利点が挙げられます。またグラフィックデザインという専門分野であることから、図形・図像処理、アニメーションなどのそれぞれの関心や問題意識を深め、印刷物や映像などで伝えることを明確にし、それに相応しい創造を目指すことも可能です。また専門学校での学びには基礎力を前提に、独自の視点や方法を加えることもできます。例えば、写真集の制作や時間の視覚化など、より高度な作品に取り組むデータグラフィックなども学べる利点が専門学校にはあります。

学ぶ内容を捉える

美術・デザインをこれから学ぶ人から、スキルアップを目指すプロまで様々な学生が集って、互いに切磋琢磨する専門学校の中には、グラフィックデザインコースを設けている学校も増えています。ですが、注意が必要なのは教育課程にもあり、グラフィックのみを学ぶ専科もあればデザイン情報を専門課程に指定するケースも挙げられます。例えば、視覚的なデザイン表現を中心にウェブサイトなどのメディアを介した新しいコミュニケーションの創造などを目指す類いをプラスした学びも展開されています。コンピューターネットワークの活用を軸に考えている場合、各種の情報をシステムとして捉えたデザインの研究時間が少ないケースも出てくるため、デザインシステムそのものを学びたいのか、様々なコミュニケーションに対応したいのかによって教育課程を選ぶ必要もあります。