建築の専門学校で匠の技術を学ぼう|手に職を得る

婦人

グラフィックの知識を探求

PCを操作する人

グラフィックデザインを学ぶために専門学校に入校する学生は増え、見る・伝えるなどの色や形の構造を探求し、グラフィックデザインの基礎要素について実制作を通して学ぶことが可能です。また、様々なメディアの成り立ちなども捉えることができ、専門ならではの基礎をしっかり身に付けることができます。

Read

雑貨のデザインのために

勉強する女性

部屋に飾る小物を自身の手でデザインしたい場合には、雑貨デザイナーを目指すと良いでしょう。雑貨のデザインを学ぶための雑貨専門学校という教育機関もありますので、インテリア好きならば進学を考えてみましょう。

Read

服作りを学ぶなら

女の人

服飾専門学校は、洋服作りに関わる専門知識や技術を学ぶための学校です。様々な学校や科の種類があるため、やりたいことを具体的にイメージすることが最も大事です。また、東京や都市部に学校が多いという特徴があります。

Read

就職に直結する勉強が可能

設計

実学的な勉強ができる

建築士に代表されるような家づくりに関係した仕事に就きたいと思った時、真っ先に頭に浮かぶのが4年制大学の工学部にある建築学科へ行って勉強をすることかと思います。しかしながら、建築関係の仕事に必要な知識は専門学校へ通うことでも身に付けることができます。専門学校へ通う最大のメリットは何と言っても実学的なことを学ぶことができる点です。大学の建築学科の場合はあくまで学問の一環としての勉強ですが、専門学校における建築の勉強はそのまま就職したあとの職業に直結する内容になっています。さらに大学へ通った場合は建築の勉強以外にも一般教養と題してさまざまな事柄を勉強することになりますが、専門学校の場合はまさに建築に特化した勉強をすることが可能です。

いろいろな建物がある

建築について勉強することができる専門学校は日本各地にありますが、できるだけ東京や大阪といった都市部にある学校へ入学をするのがおすすめです。都市部にある専門学校をおすすめする理由はいたってシンプルで、そういった大都会にはさまざまな建物があるからです。建築に関わる仕事に就いてその道のエキスパートになりたいと考えるのであれば、いろいろな建物を見て回ることは絶対に避けては通れません。そういった建物を見て回ることで家づくりに対する見識の幅を大幅に拡げることができるからです。もちろん、学校でもらうテキストにもいろいろな建物の写真は載っていますからそこから情報を得ることもできないことはありません。しかしながら、実際に自分の目で見た時の衝撃こそが自分自身を成長させてくれるのです。